2022年度最低賃金改定!引き上げの目安について

収入イメージ 人材業界について

第64回中央最低賃金審議会で、2022年度の最低賃金引き上げ額の目安が取りまとめられました。

今年度の最低賃金引き上げに関わる審議は労使間の金額に対するギャップが大きく、議論が長引いていたが、ようやく下記の基準が示されました!

参照:厚生労働省「令和4年度地域別最低賃金改定の目安について」

使用者側はコロナ禍による経済活動の抑制やウクライナ情勢による原材料高騰を受け、大幅な引き上げを要求する労働者側とぶつかっていたようです!

最低賃金の引き上げ目安

ランク目安都 道 府 県
 31円埼玉、千葉、東京、神奈川、愛知、大阪
 31円茨城、栃木、富山、山梨、長野、静岡、
三重、滋賀、京都、兵庫、広島
 30円北海道、宮城、群馬、新潟、石川、福井、岐阜、
奈良、和歌山、岡山、山口、徳島、香川、福岡
 30円青森、岩手、秋田、山形、福島、鳥取、島根、
愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄
参照:厚生労働省「令和4年度地域別最低賃金改定の目安について」

上記が2022年度の最低賃金引き上げ額の目安です。

地域によって差はあるものの、概ね30~31円の引き上げを行う予定です。

最低賃金の引き上げはいつから?

例年通りであれば、最低賃金の引き上げは2022年10月からとなる見込みです。

この後の流れとしては、上記の最低賃金額の目安を参考にしたうえで、各都道府県労働局長が地域別最低賃金を最終的に決定します。

そのため、上記の記事のように基準額以上の時給引き上げ案を出す地域も有るため、今後の決定に期待しつつ、続報を待ちましょう!

事業を行っている方は、この最低賃金改定に合わせて待遇UPを行えば、採用の際に有利になる可能性があるので、良い機会ととらえて是非待遇改善を検討いただけると幸いです。

▽自社の採用や人事制度強化のためにはキャリアコンサルタント資格の取得がオススメ!

この記事の筆者
キャリアコンサルタント
パオ助

介護業界専門の転職エージェントで両面型担当者として勤務後、今はマーケティングとキャリアコンサルタントを両立中。
キャリアコンサルタントとして、人材業界や介護業界についての情報を発信中!転職エージェントや人材派遣会社で勤めている方々全員に「キャリアコンサルタント」の資格を取得してもらうのが夢。
資格取得の難易度や、おすすめのキャリアコンサルタント養成講座の情報等を発信していきます!
Twitterでは緩めの発信をしているので、よければフォローしてください。
 
【保持資格】
・独学で国家資格キャリアコンサルタント1発合格!
・2級キャリアコンサルティング技能士も独学で合格。
・その他保持資格:衛生管理者、個人情報保護士
 
【好きなカウンセリング技法】
・来談者中心カウンセリング
(パーソンセンタード・アプローチ)
 
記事監修の実績はコチラ

パオ助をフォローする
人材業界について
シェアする
正直キャリアコンサルタント・パオ助のブログ